« 盛岡名物わんこそばがまんじゅうになった | トップページ | しゃぶしゃぶの主流が牛から豚になってきた理由 »

戒名を彫りこんだペンダント

戒名を彫りこんだペンダント


という記事を

▼武士語 by http://monjiro.net/

で変換してみました。

御守りや指輪、は、た幾度か主腕時間を計るからくりなどが南蛮装飾品類。からをば身につけるには、、折々な事の由がござるであると存ずる。
単純に装束であるとしてと云ふなりしがあるでござるし、ひょっとしたら大事な輩が形見が品やもしれぬ。

しかして、こが筆だんとは、故輩が戒名をば彫り込む。甲斐藩が「清水商會」しからば『戒名筆だんと 蓮華想』なる商品をば手、けておる。

かような商品をば開化したでござる糸口をば、同社が清水棟梁に直接伺りてみたでござる。
「当社は、元々、れざーくらふとやおまんじゅうなどに押す“焼印”をば手、ける仕官先なのだ、、小さき寸法が焼印が刹那、直火式なりしがのでござるであると温度段取り、困難なのだのう。そこにてエレキテル半田こてをば用おりき低温式が焼印、役者陣ほるだーをば開化おりき候成り」

「そが技術をば知った者より、『戒名が筆だんとをば作りていただきたいみてす。清水殿が技術にて作りておりきのみにてぬでござろうか?』と云ふ要望、当社に寄せられたでござるが、糸口でござる」
そが者は、ご旦那様をば亡くしたでござるさふにて、立ち直る過程にて「故輩に見守りていただきたい」と云ふ思ゐをば抱くごとく。しかして、同社に戒名をば彫不縁(ふえん)じゃ筆だんとが製作をば依頼。「かく申す商品は、、宝玉商い所には、頼みづらゐ」と云ふ思ゐ、、そが者には、あったでござるのでござる。

そが依頼をば受け、清水棟梁は、身内をばござらぬしたでござる者々が魂境などにつゐて詮議致すごとく。するでござるであると、「ぐ葉手当て」なる活動が存在にはせ参じ当たる。かは、、知輩が死別に伴う苦痛や環境変異をば受け入れやうと致す達人せすをば手当てするでござる活動がこであると。
遺族、立ち直りて参上する過程にて、“戒名筆だんと”、助けになるされば。左様な思ゐより、清水棟梁は、同商品が受注が本式化をば決意したでござる。

こが商品、発売させたがは、皐月上旬だなれど、直後より同社には、問ゐ合わせ、殺到。其ればかりか、遠くが集落より直接訪ねてきて己が思ゐをば吐露するでござる者まにておりき。かような商品をば求めておる輩は、、実は、少ござらぬのうこざったのでござる。
反響も上々にて、「納品させた者は、、まことに喜みてくれて候」(清水棟梁)。

ちなみに購入は、、同社が掲示板より。そこにて戒名などをば伝へるであると、自己流が技術にて筆だんとをば作成してくらるると云ふ。戒名が文字数が制限は、ござらぬ、「どんな大きじゃが、どんな文字とはいえこしらえるこであると、にてき候」(清水棟梁)。
価格は、玖捌零両(年貢込み)。

幾度か、清水商會しからば『戒名筆だんと 蓮華想』が売り上げをばぐ葉手当てに還元したいでござるであると存念ておる。たであるとゑば、売り上げがひい部をばぐ葉手当て軍団へ寄付ござったり、ぐ葉手当てにかかわる書物をば図書館に寄贈ござったり……。

何気ござらぬ渡世致し候であると縁の無い出来事やもしれぬ、、かような試みは、世が中に必定なこであると。拙者等も、何時ご厄介になるやは、わよりないでござる。

今週の話題というと、やっぱり大相撲の野球賭博問題でしょうか。NHKがテレビでの生中継はせずにダイジェスト放送だけするとか。放送するな!という抗議と、見たい!という意見の両方に配慮して折衷案にした感じなのかな?


その他の今週の話題について参考ブログの記事で紹介します。

陶芸教室が自宅に! 初心者のための、本格陶芸講座(DVD付)

伝説の復縁アドバイザーが伝授する復縁マニュアル【女性版・男性版】

絶品食べるにんにくラー油の作り方、料理研究家の杵島直美さんレシピ(あさイチ)

食後におわないにんにくの作り方(あさイチ)

ヘリョン流 簡単サムゲタン(あさイチ)

にんにく卵黄の作り方(あさイチ)

ミドリムシ・サプリメント、ゆうどきネットワークでも

マンモグラフィ検診精度管理中央委員会とは?

レッグマジックX 楽天最安値は?激安はこれ?

DVDで学ぶはじめてのダイビング

・【明日までの限定募集】投資分析官によるシグナル配信ドル円MAX

・今日の「あさイチ」は片頭痛がテーマでした

・SmaSTATION!!(スマステーション!!)バゲットも作れるホームベーカリー「T-fal(ティファール) ホーム&バケット OW600370

・先着100名!総額38万4540円の山根亜希子FX教材を無料プレゼント!

|

« 盛岡名物わんこそばがまんじゅうになった | トップページ | しゃぶしゃぶの主流が牛から豚になってきた理由 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事